ホーム最新の医師会報表紙

最新の医師会報表紙

長岡開府400年イメージポスター

最新の医師会報表紙

 今年は、長岡藩の初代藩主牧野忠成公が、長岡に開府された1618年(元和4年)から数えてちょうど400年と成ります。大阪夏の陣の2年後に長岡へ入府された牧野家は、廃藩置県までのおよそ250年にわたり、領民と共に長岡地域の歴史を作ってこられました。長岡藩は七万五千石と規模は小さめですが、牧野家は三河以来の譜代大名であり老中職も務めた家柄で、“常在戦場”を初代藩主からの家訓としてきました。子弟の教育に力をいれ藩校崇徳館を設立し、幕末には西洋式の軍備を揃えていたことも知られています。また藩旗である“五間梯子”は、領民を大切にしようという初代藩主の決意の現れであり、家訓と共に代々大切にされてきました。
 長岡市では開府400年を記念して様々な記念行事を予定し、「温故知新」をテーマにしたイメージポスターも選定されました。なお幕末に長岡藩が会津藩等と共に戦った戊辰戦争から数えて、今年は150年の節目の年でもあります。歴史を尋ねてお出かけされてはいかがでしょうか?!

(長岡市医師会理事 児玉伸子)
※写真提供:長岡市役所 広報課