ホーム最新の医師会報表紙

最新の医師会報表紙

片貝まつり「四尺玉花火」

最新の医師会報表紙

 三尺玉花火発祥の地と知られる小千谷市片貝町の花火は、江戸時代後期からの歴史があります。9月9・10日は浅原神社秋の例大祭で、花火は神社への奉納を意味します。片貝の町では、朝から浅原神社への花火の玉を奉納する「玉送り」や、花火打ち上げの成功と無事を祈る「筒引き」など、古式ゆかしい伝統行事が行われ、花火の迫力で会場は熱気にあふれます。昭和60年より打ち上げられている四尺玉は、世界最大級の花火として知られ、ギネスブックにも紹介されています。重さ420キログラムの四尺玉を高さ5.2メートルの鋼鉄製の筒を使用し、地上800メートルまで打ち上げ、直径800メートルの大輪の花を夜空に咲かせます。
 昨年はコロナ禍で中止となりましたが、今年はコロナ退散祈念した奉納花火を期待しています。

(小千谷市魚沼市医師会理事 仁田原義之)